巨匠・宮崎版ルパン。痛快アクションに美少女を救う“おじさまルパン”の淡い恋に大興奮

2015年7月2日

cagliostoro_osusume
今回オススメする「ルパン三世 カリオストロの城」はあの宮崎駿監督が手がけた、「ルパン三世」の劇場版作品。彼にとって長編デビュー作となるこの作品は、劇場公開から35年以上も経っていますが、時間の流れなどまったく感じないさせないぐらい、今観てもワクワクさせてくれる傑作アニメです。

舞台はヨーロッパの架空の小国、カリオストロ公国。その国の公女・クラリスと出会ったルパンは陰謀企む伯爵から公女を救うため、お馴染みの仲間と共に大冒険を繰り広げることになります。

ルパンの劇場シリーズの中でも人気の高い本作。迫力のあるカーチェイスは、「アナと雪の女王」「ベイマックス」を生み出しているディズニー・アニメーション・スタジオを率いるジョン・ラセターも大絶賛。またラストの銭形警部のあまりにも有名なあのセリフはいつまでも心に残ります。何より可憐なクラリスと、そんな彼女に「おじさま」と呼ばれるルパンの淡い恋模様には胸キュン間違いなし。初めて観る人はもちろん、改めて観る人もまた夢中にさせられるはずです。



監督:宮崎駿、原作:モンキー・パンチ
声の出演:山田康雄、増山江威子、小林清志

あらすじ:国営カジノの金庫から売上金を盗み出したルパンと次元。しかし、それがヨーロッパの小国・カリオストロ公国製の幻の偽札と判明。その秘密を暴くため、カリオストロに向かったルパンはウエディングドレス姿で追っ手から逃げている美少女クラリスと出会う……。