染谷将太&二階堂ふみが“絶望”に徹底抗戦!

2015年6月18日

himizu_osusume
現在上映中のヒット作「新宿スワン」を筆頭に「ラブ&ピース」「リアル鬼ごっこ」とこの夏、監督作が連続公開される、売れっ子な園子温監督。そんな園監督による青春映画「ヒミズ」が今週のおすすめです。

主演の染谷将太と二階堂ふみは本作の演技で、ヴェネチア国際映画祭のマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人賞)を受賞。世界的な大舞台で絶賛を浴びたことも話題になりました。

原作は古谷実の同名コミックですが、園監督は原作の絶望的なエンディングを全く違うテイストに変えました。今の時代、絶望するのは簡単ではないか。生きていくことこそが苦行であり、それでも立ち向かうべき価値があるのではないか?と観客に大きく訴える内容になっています。

原作ファンには複雑な感情もあったかもしれません。しかし最悪の状況で、ヒロインの茶沢が主人公・住田に愚直なまでにまっすぐにエールを贈るラストシーンのアツさに胸の奥がワサワサするなら、まだ自分の中で何かが死んでいないんだと信じられる。そんな映画です。



監督:園子温
出演:染谷将太、二階堂ふみ、渡辺哲

あらすじ:平凡で目立たない人生を送りたいと願う風変わりな中学生・住田。同級生の茶沢はそんな住田の非凡さを見抜き一方的に想いを寄せていた。ある日、住田の母親が蒸発、さらにクズの父親が戻ってきたことで住田は取り返しのつかない事件を起こしてしまう……。