17歳年下の男性とのロマンスに身を焦がす、アラフォー女性の行く末は

2015年6月18日

secondvirgin_osusume
今週オススメするドラマは「セカンドバージン」です。仕事一筋で生きてきた40代の女性が、既婚の年下男性との道ならぬ恋に落ちるラブストーリー。主演の鈴木京香が危険な恋に溺れていくヒロインを好演し、原作・脚本を恋愛ドラマの名手、大石静が手がけ、放映当時「セカンドバージン」という言葉も話題となりました。

出版業界では名の知れた40代の女性プロデューサーが、17歳年下の金融庁のキャリアの男性と出会ったことから始まる恋の行方。ヒロインを演じた鈴木京香が年下の男性との関係に加速度的にハマっていく展開や、2人を取り巻く人間模様などスリリングで1話たりとも観逃せません。

また、資産家の妻がいながら、凛として落ち着いた大人の女性に惹かれるエリート官僚を演じた長谷川博己にも注目が集まりました。もともと舞台で活躍していた彼は、本作で大抜擢され、その後、「鈴木先生」や、NHK大河ドラマ「八重の桜」など目覚ましい活躍を見せ、今や実力派俳優として引っ張りだこ。今年は園子温監督の「ラブ&ピース」で主演しているほか、「進撃の巨人」の実写版にも出演しています。さらに、鈴木演じるヒロインの息子役を綾野剛が演じているというのも、今となっては貴重かも。日常を忘れて、大人の色香漂うロマンスに魅了されてみてはいかかでしょうか。



出演:鈴木京香、長谷川博己、深田恭子

あらすじ:中村るいは仕事一筋に生きてきたバツイチ40代の出版プロデューサー。あるワイン会で出会った17歳年下の金融庁のキャリア、鈴木行はどこか野心を秘めた男で、そんな彼に興味を抱いたるいは、彼に著書の出版を持ちかける。一方、資産家の妻との生活に疑問を感じていた行は、るいを忘れられなくなる。