伝説の“クソゲー”発掘に挑む、ゲームメーカーATARIのドキュメンタリーがレンタル開始

2015年9月16日
  • 洋画
  • atari0916
    ゲームメーカーATARI社の軌跡に迫るドキュメンタリー「ATARI GAME OVER アタリ ゲームオーバー」のレンタル配信が、9月16日よりビデオパスにてスタートしている。

    「ATARI GAME OVER アタリ ゲームオーバー」は、アメリカにて2014年に劇場公開された作品。日本では9月16日のBlu-ray / DVD発売を記念し、一夜限りの特別上映が行われた。

    1980年代初頭のアメリカで社会現象を起こしたテレビゲーム機ATARI 2600と、その専用ソフトとして開発されたもののゲーマーたちから史上最悪の“クソゲー”と呼ばれ、ATARI社を倒産に導いた「E.T.」。この映画の中では、そんな「E.T.」の不良在庫がニューメキシコの砂漠の果てに大量に埋められているという都市伝説の検証を試みる。その模様を記録するためカメラ片手に立ち上がったのは、「アベンジャーズ」の脚本家として知られるザック・ペン。ATARIの墓場採掘に挑戦する者たちを追いかけ、そのゲーム開発に携わった人物たちに取材を行っていく。

    一時代を築き上げながらも崩壊の運命をたどったゲーム会社、ATARIとはなんだったのか? ゲームを愛する人は必見の1作だ。




    監督:ザック・ペン/出演:ザック・ペン、ノーラン・ブッシュネル、シーマス・ブラックレー、ハワード・ウォーショウ 他
    配信終了日 2016年9月15日

    (C)2014 Microsoft Corporation. All Rights Reserved