永瀬正敏主演、実話をもとにした感動のスポーツドラマ「KANO 1931海の向こうの甲子園」

2015年9月4日
  • 邦画
  • KANO0904
    「KANO 1931海の向こうの甲子園」のレンタル配信が、9月2日よりビデオパスでスタートした。

    本作は、「セデック・バレ」の監督ウェイ・ダーションが製作と脚本を手がけた感動ドラマ。日本統治下の台湾に実在した高校野球チームが甲子園に出場し、快進撃を繰り広げるさまを描く。出演は永瀬正敏、坂井真紀、大沢たかおら。

    1931年、台湾の弱小チーム・嘉義農林学校野球部に、かつて日本で名門校を率いた近藤兵太郎が監督としてやってくる。近藤は日本人、台湾人、台湾原住民それぞれの強みを生かしてチームを強化。厳しい指導のもとついに甲子園への切符を手にした野球部は、並み居る日本の強豪を撃破していく。

    実話をもとにした劇的なストーリーはもちろん、野球シーンの迫力も本作の見どころ。経験者から選ばれた野球部のキャストが魅せる迫真のプレーは、映画ファンだけでなくスポーツファンをもうならせるだろう。




    監督:マー・ジーシアン/出演:永瀬正敏、大沢たかお、坂井真紀、ツァオ・ヨウニン、伊川東吾
    配信終了日 2016年8月31日

    (C)果子電影