ビデオパス独占「海のふた」プレミア試写会の模様をレポート!本人コメント動画も到着

2015年7月3日

umi_report_0703

映画「海のふた」のビデオパス会員限定プレミア試写会が6月30日に、東京・スペースFS汐留にて行われ、舞台挨拶にメインキャストの菊池亜希子と三根梓が登壇した。

よしもとばななの同名小説を実写化した「海のふた」は、海辺の町を舞台としたヒューマンドラマ。東京を離れて故郷でかき氷屋を開こうとするまりと、まりの実家に預けられた少女はじめの心の交流をつづる。まりを菊池が、はじめを三根が演じた。

「まりのセリフが予測できるくらい、まりの要素が私の中にあった」と話す菊池は、「静かな田舎町から東京に出てきて、自分のやりたいことを日々模索して生きている。そんなまりの姿が自分と重なりすぎて、他人事ではなかった」と正直な気持ちを吐露。完成した作品を観終わった瞬間、思わず「裸見てるみたい!」と叫んだとか。自分では覚えていないと言う菊池だが、三根が「言ってました!」と証言。菊池は「それぐらい恥ずかしい、人に見せたくない部分がある作品です」とはにかみ、さらに「はじめちゃんは観終わったあと泣いてたよね」と負けじと指摘して、照れる三根の反応を楽しんでいた。

ビデオパスでは「海のふた」を劇場公開より一足先に楽しめるオンライン試写会を7月4日(土)24時間限定で開催する。視聴後、専用フォームに感想を書き込むと原作の電子書籍がもらえるプレゼント企画も予定されているので、興味のある人はぜひ参加しよう。
umi_0615

菊池亜希子・三根梓 コメント動画も到着!




試写会に参加したビデオパス会員様の感想コメントはコチラ


polaroid6_0703
polaroid2_0703
polaroid3_0703