カーアクションと音楽がシンクロ、エドガー・ライト監督作「ベイビー・ドライバー」

2017年12月27日
  • 洋画
  • navi-news20171218_thumb01
    「ショーン・オブ・ザ・デッド」で知られるエドガー・ライトのハリウッド初監督作「ベイビー・ドライバー」。同作の先行レンタル配信が本日12月27日にビデオパスでスタートした。

    「ベイビー・ドライバー」は、音楽を聴くことによって運転テクニックを覚醒させる若きドライバー“ベイビー”を主人公とするクライムアクション。犯罪組織の逃がし屋として働いていたベイビーは、ある日ウェイトレスのデボラと恋に落ち、危険な仕事から足を洗うために最後の仕事に臨む。「きっと、星のせいじゃない。」のアンセル・エルゴートがベイビーを演じ、リリー・ジェームズ、ケヴィン・スペイシー、ジェイミー・フォックスらがキャストに名を連ねた。

    スタイリッシュなカーアクションだけでなく、来日時に「FUJI ROCK FESTIVAL」を訪れるほどの音楽好きであるライトが自ら選んだ劇中曲も魅力の1本。アクションと音楽の見事な融合が、あなたにかつてない映画体験をもたらすはずだ。



    監督:エドガー・ライト
    出演:アンセル・エルゴート、リリー・ジェームズ、ケヴィン・スペイシー、ジェイミー・フォックス、ジョン・ハム

    (C)2017 TriStar Pictures, Inc. and MRC II Distribution Company L.P. All Rights Reserved.