日本を代表する6人の名脇役が本人役で出演“ゆるシブコメディ”「バイプレイヤーズ」

2017年7月15日
  • 国内ドラマ
  • navi-news20170626_thumb01
    ドラマ「バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」の見放題配信が、ビデオパスにて7月15日にスタートした。

    松居大悟がメイン監督と脚本を担当した本作は、遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研が本人役で登場する“ゆるシブコメディ”。海外の動画配信サイトによる大型ドラマのオファーを受けた6人が、監督の命令を受けシェアハウスで3カ月の共同生活を行う姿を追う。

    大杉が「いつの日かこのメンバーでと願って十数年! やっとの実現です」と思い入れを明かした本作。名脇役6人の夢の共演だけでなく、毎話本人役で登場する豪華ゲストも見逃せない。



    出演:遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研

    (C)「バイプレイヤーズ」製作委員会