イーサン・ホークが実在のジャズトランぺッター演じた「ブルーに生まれついて」先行配信

2017年5月26日
  • 邦画
  • navi-news20170522_thumb01
    1950年代のジャズシーンで活躍したトランペット奏者、チェット・ベイカーを描いた「ブルーに生まれついて」が5月23日よりビデパスで先行配信されている。

    本作は、ベイカーの波乱に満ちた生涯をフィクションとノンフィクションを織り交ぜながらたどっていく物語。「6才のボクが、大人になるまで。」のイーサン・ホークがベイカーに扮し、ベイカーの死の謎に迫る短編「The Deaths of Chet Baker(原題)」を手がけたロバート・バドローが監督を務めた。

    ホークは本作に出演するにあたり6カ月に及ぶトランペットのトレーニングを受け、劇中で歌声も披露している。渾身の演技を見逃さないないように。



    監督・脚本・製作:ロバート・パドロー
    出演:イーサン・ホーク、カルメン・イジョゴ、カラム・キース・レニー

    (C)2015 BTB Blue Productions Ltd / BTBB Productions SPV Limited. ALL RIGHTS RESERVED.