アカデミー賞2冠、実話をもとにした衝撃作「スポットライト 世紀のスクープ」

2016年9月12日
  • 洋画
  • navi-news0905_thumb01
    「スポットライト 世紀のスクープ」のレンタル配信が、9月7日よりビデオパスで開始されている。

    本作は、カトリック教会の神父による子供たちへの性的虐待という、実際に起きた事件を報道したジャーナリストたちの活躍を描く社会派ドラマ。「扉をたたく人」のトム・マッカーシーが監督を務め、マイケル・キートン、マーク・ラファロ、レイチェル・マクアダムスらが出演した。

    2001年の夏、ボストングローブ紙に新編集局長のマーティ・バロンが着任した。彼は、カトリック教会のある神父による性的虐待事件を詳しく掘り下げることを決める。担当を命じられたのは、独自の極秘調査に基づく特集記事欄“スポットライト”を手がける4人の記者たち。彼らは取材を積み重ねるうちに、性的虐待を行った神父が1人だけではないことや、教会が組織ぐるみでこの事実を隠蔽していることを知る。

    第88回アカデミー賞にて、作品賞と脚本賞に輝いた本作。ジャーナリストとして、そして人間として事件の真相に迫っていく記者たちのひたむきな姿に、誰もが心を打たれるはずだ。



    監督:トム・マッカーシー
    出演:マーク・ラファロ、マイケル・キートン、レイチェル・マクアダムス、リーヴ・シュレイバー ほか

    ©2015 SPOTLIGHT FILM, LLC