板野友美主演「のぞきめ」が配信スタート、“覗かれる恐怖”描くホラー

2016年8月26日
  • 邦画
  • navi-news0822_thumb02
    板野友美が初主演を務めた映画「のぞきめ」のレンタル配信が、8月26日よりビデオパスで開始されている。

    「のぞきめ」は窓やタンス、カーテンの隅などあらゆる場所の隙間から視線を投げかけ、目が合った人間を恐怖のどん底に突き落とす怪異“のぞきめ”を描くホラー。作家・三津田信三による同名小説を「トリハダ -劇場版-」シリーズの三木康一郎が映像化した。“のぞきめ”の真相を追うテレビ局の新米AD・彩乃を板野が演じたほか、白石隼也、入来茉里、東ちづる、武田玲奈、吉田鋼太郎らがキャストに名を連ねた。

    本作について「『覗かれているかもしれない』っていう怖さって、皆さんも普段生活する中で感じた経験があると思いますが、この映画はその恐怖を凝縮して描いています」とコメントを寄せた板野。いったい“のぞきめ”の正体とはなんなのか? それは自らの目で確かめてほしい。



    監督:三木康一郎
    出演:板野友美、白石隼也、入来茉里、玉城裕規、東ちづる、吉田鋼太郎

    ©2016「のぞきめ」製作委員会