小栗旬「信長協奏曲」これにて完結、織田信長と明智光秀が本能寺で対峙

2016年7月20日
  • 邦画
  • navi-news0711_thumb02
    小栗旬主演、映画「信長協奏曲 NOBUNAGA CONCERTO」のレンタル配信が7月20日にビデオパスで開始された。

    石井あゆみのコミックを原作としたテレビドラマの劇場版。ひょんなことから戦国時代にタイムスリップし、“織田信長”として生きることになった高校生・サブローと、明智光秀と名前を変えた本物の信長の運命を描く。ドラマに続き、サブローと光秀の2役を小栗が演じ分け、信長の妻・帰蝶役で柴咲コウ、信長の家臣・池田恒興役で向井理、信長への復讐をもくろむスパイ・羽柴秀吉役で山田孝之が出演した。

    信長が暗殺されるという史実を知ったサブローは、運命に抗うため、帰蝶と結婚式を挙げる計画を立てる。選んだ場所は、京都・本能寺。その計画を知った秀吉は、光秀に本能寺で信長を討つことを提案するが……。

    クライマックスを飾る「本能寺の変」は、実際にオープンセットを燃やして撮影。激しい炎に包まれる中、信長と秀吉が対峙するシーンは現場の熱気が伝わるような鬼気迫る仕上がりとなった。

    文/ビデオパスnavi編集部



    監督:松山博昭 出演:小栗旬、柴咲コウ、向井理、藤ヶ谷太輔、水原希子、古田新太、濱田岳、高嶋政宏、山田孝之

    ©石井あゆみ/小学館©2016 フジテレビジョン 小学館 東宝 FNS27社