漫☆画太郎の伝説のギャグ漫画が実写映画化、松山ケンイチが虎柄パンツで大放屁

2016年7月7日
  • 邦画
  • navi-news0627_thumb02
    「珍遊記」のレンタル配信が、7月3日よりビデオパスでスタートしている。

    「本作」は漫☆画太郎のコミック「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」を原作とするコメディ。主人公・山田太郎を松山ケンイチ、太郎を引き取る坊主・玄奘を倉科カナが演じたほか、溝端淳平、田山涼成、笹野高史、温水洋一がキャストに名を連ねる。「地獄甲子園」の山口雄大が監督を務め、テレビアニメ「おそ松さん」の松原秀とお笑いトリオ・鬼ヶ島のおおかわらが脚本を担当した。

    天竺を目指す坊主・玄奘は、旅の途中で立ち寄った家のじじいとばばあに、天下の不良少年・山田太郎を更生させてほしいと頼まれる。宝珠の力で太郎の恐るべき妖力を封印する玄奘だったが、なんの因果か2人で旅をするはめに。しかしその道中は、玄奘の想像を超える波乱に満ちたものだった……。

    全裸姿を披露したかと思えば虎柄パンツ1丁で大放屁するなど、松山の捨て身の演技が炸裂する衝撃作。温水演じる酔いどれ武闘家・中村泰造と太郎の激闘など、バカバカしさ全開のめくるめくギャグワールドに抱腹絶倒間違いなしだ。

    文/ビデオパスnavi編集部



    監督:山口雄大
    出演:松山ケンイチ、倉科カナ、溝端淳平、田山涼成、笹野高史、温水洋一、ピエール瀧

    ©漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会 ©漫☆画太郎/集英社