あなたの部屋は大丈夫?竹内結子と橋本愛の共演ホラー「残穢 -住んではいけない部屋-」

2016年6月9日
  • 邦画
  • navi-news0530_thumb01
    ホラー映画「残穢 -住んではいけない部屋-」のレンタル配信が、6月9日にビデオパスにて開始された。

    「手元に本を置いておくことすら怖い」。第26回山本周五郎賞を受賞した際、そんな感想も飛び出たという小野不由美のホラー小説を「白ゆき姫殺人事件」「殿、利息でござる!」の中村義洋が映画化。主人公のミステリー作家が読者の女子大生とともに、あるマンションの一室に残された謎を追うさまを描く。ミステリー作家の“私”に竹内結子、女子大生の“久保さん”に橋本愛が扮したほか、佐々木蔵之介、坂口健太郎、滝藤賢一が共演に名を連ねた。

    ミステリー作家の“私”のもとに、女子大生の読者から「部屋で奇妙な音がする」という手紙が届く。好奇心を抑えきれない2人が調査に乗り出すと、過去にその部屋で自殺や心中、殺人など数々の事件が起きていたことが発覚。そして一連の事件を探っていくうちに、怪奇現象の起因となった驚きの事実が判明する。

    「リング」や「呪怨」に通ずるジャパニーズホラー特有の湿っぽい恐怖が潜む本作。目の肥えたホラーファンも、鑑賞には覚悟がいるかもしれない。

    文/ビデオパスnavi編集部




    監督:中村義洋
    出演:竹内結子、橋本愛、坂口健太郎、滝藤賢一、佐々木蔵之介 ほか

    ©2016「残穢-住んではいけない部屋-」製作委員会