国民的美少女が世にも美しい“悪魔”を怪演、娘を亡くした父親の復讐劇「罪の余白」

2016年3月8日
  • 邦画
  • tsuminoyohaku0302
    「罪の余白」のレンタル配信が、ビデオパスにて3月2日に開始された。

    本作は、芦沢央の同名小説を「スープ ~生まれ変わりの物語~」の大塚祐吉が映像化した心理サスペンス。愛娘の不可解な死の真相を探る行動心理学者・安藤と、娘の同級生でスクールカースト最上位の美少女・咲が攻防戦を繰り広げる。安藤役には内野聖陽、咲役には第13回全日本国民的美少女コンテストのグランプリ受賞者・吉本実憂が起用された。

    ある日、学校のベランダから謎の転落死を遂げた女子高生。男手ひとつで彼女を育ててきた安藤は、絶望の底に突き落とされながらも、娘の同級生たちに接触する。そんな彼の前に現れたのは、娘のクラスメイトで美しい容姿を持つ咲だった。邪悪な素顔を秘め、娘の死に深く関わっていた咲に対して安藤は復讐心を燃やしていく。

    “小悪魔”ならぬ“悪魔”のような美少女を、アイドルグループ・X21のメンバーとしても活躍する吉本が怪演。挑発的なセリフを発し、安藤から全力の平手打ちを受けるという体当たりで臨んだシーンは必見だ。(ビデオパスnavi編集部)




    監督:大塚祐吉
    出演:内野聖陽、吉本実憂、谷村美月、葵わかな、宇野愛海、吉田美佳子、堀部圭亮、利重剛、加藤雅也

    ©2015「罪の余白」フィルムパートナーズ