「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2016」ライブ映像無料生配信!!


Sweet Love Shower2016

SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2016生配信はビデオパスアプリの「無料おためし」からご視聴いただけます。

スペースシャワーTVが主催する野外ライブイベント「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2016」が、8月26~28日の3日間にわたって山梨・山中湖交流プラザ きららで開催される。

「FOREST STAGE」に出演するアーティストの中から、全14組のライブ映像がビデオパスにて生配信されることが決定! 当日はライブ会場に行けない人も臨場感のあるリアルタイムの映像を簡単にスマホやタブレットで楽しむことができる。なお、今回の配信ではauのお客様以外の方でもご自身のスマホ・タブレットに「ビデオパスアプリ」をダウンロードするだけで会員登録不要、無料で視聴ができる。

さらに、当日イベント会場内ではauビデオパス特設ブースが設けられる。誰でも利用できる充電スペースや、その場で当たるビデオパスグッズの抽選などライブ以外の企画も盛りだくさん。ぜひ足を運んでみよう!

「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2016」 詳細

日程:2016年8月26日(金)~28日(日)

会場:山梨県 山中湖交流プラザ きらら

公式サイト:http://www.sweetloveshower.com

Sweet Love Shower2016
8/26 FRI.

  • yoko(Vo.)、keme(Gt.)、あっこ(Ba. ex GO!GO!7188)のスペシャルガールズバンド。 2014年結成。様々なライヴやイベントへ神出鬼没に出演。 2015年本格始動を開始し、2016年4月6日1stアルバム『タイムスリラー』をリリースした。この3人だからこそのROCKを提げ、媚びずに前進し続ける姿が聴く者の心を捉えてならない。
    SLSには初登場となるPIGGY BANKS。彼女達が奏でるしなやかで、それでいて骨太なサウンドは必聴です!

  • 水曜日のカンパネラ

    水曜日のカンパネラ

    »オフィシャルサイト

  • 2013年からコムアイを主演とするユニットとして始動。メンバーはコムアイ(主演)、ケンモチヒデフミ(音楽)、Dir.F(その他)の3人だが、表に出るのは基本的には主演のコムアイのみとなっている。2014年11月5日に発売した 『私を鬼ヶ島に連れてって』に収録されている楽曲「桃太郎」がWEBやラジオを中心に話題となり耳の早いリスナーが次々と中毒者に。同月28日には新宿LOFTで開催した「スペースシャワー列伝第124巻 みんなの宴」に出演。異彩を放つステージパフォーマンスに多くのオーディエンスが釘付けとなった。昨年11月11日には1年ぶりのアルバム『ジパング』を発売。収録曲の「ツイッギー」や「ラー」がテレビCMに起用され一躍世間の注目を集める。「ラー」はスペースシャワー11月の「PowerPush!」に選出された。今年3月にはアメリカ・テキサス州オースティンで開催された世界最大規模の音楽・映画・ITのフェスティバル<SXSW2016>でも話題になるなど、今年に入り日本のメディアのみならず話題が広がって来ている。そんな時の人、水曜日のカンパネラがSLSに初登場。山中湖では一体どんなステージを繰り広げるのか!?彼女にしか作り出せない唯一無二の世界観は一見の価値ありです!

  • キュウソネコカミ

    キュウソネコカミ

    »オフィシャルサイト

  • 2009年末、同じ大学の部活内で、就職活動を諦めた者たちを中心に結成。メンバーはヤマサキセイヤ(Vo/Gt)、オカザワカズマ(Gt)、カワクボタクロウ(Ba)、ヨコタシンノスケ(Key/Vo)、ソゴウタイスケ(Dr)から成る5人組。2010年より関西のライブハウスを中心に活動を開始。2012年3月に1stフルアルバム『10代で出したかった』、同年12月には2ndフルアルバム『大事なお知らせ』をリリース。2013年9月にはスペースシャワー列伝 〜第九十五巻 瞬刻(しゅんこく)の宴〜に出演、個性的なステージングで会場を大いに沸かせた。同年10月には1stミニアルバム『ウィーアーインディーズバンド!!』をリリース。2014年には「スペースシャワーTV開局25周年記念 スペースシャワー列伝JAPAN TOUR 2014」に出演。その後4月にメジャー移籍を発表し、同年6月にメジャー第1弾となるセカンドミニアルバム『チェンジ ザ ワールド』をリリース。本作に収録されている「ビビった」がスペースシャワー6月の「PowerPush!」に選出。その後、話題のCMソングに抜擢されたりと常に世間の注目を集め続けている。今年の夏には2枚目のシングル「サギグラファー」のリリースも予定。リリース前にも関わらず、既にMVが大きな話題を集めている。これまで存在しなかった “ネガティヴ”ディスコパンク、エモ・ブルースバンド!?として、唯一無二の存在を誇っているキュウソネコカミ。SLSは3年連続出演となる。今年も彼らならではの奇想天外なステージパフォーマンスに期待が高まる!

  • 大森元貴(Vo./Gt.)、若井滉斗(Gt.)、山中綾華(Dr.)、藤澤涼架(Kb.)、髙野清宗(B.)による5人組バンド。2013 年4 月に結成、都内ライブハウスを中心に活動を開始する。2015 年2 月に初の全国流通盤となるミニアルバム『Progressive』をリリース。タワーレコードのバイヤーによるリコメンド「タワレコメン」を獲得し一気にその名が全国へと広がる。同年5月には「スペースシャワー列伝」に出演。そして7月、ミニアルバム『Variety』でメジャーデビュー。リード・トラック「StaRt」でスペースシャワーTV「POWER PUSH」を獲得。若干19歳、大森元貴の作る、類い希なるポップなメロディと研ぎ澄まされた歌詞、聴く人を虜にする歌声で中高生を中心に人気が爆発。2016年1月13日に満を持して1stフルアルバム『TWELVE』をリリースし、オリコン・ウィークリー・チャート初登場10位にランクイン。3月から全国14都市を回るワンマンツアー「TWELVE TOUR ~春宵一刻とモノテトラ~」は全公演を即完させ、赤坂BLITZにてツアーファイナルを迎えた。6月15日には2nd シングル「サママ・フェスティバル!」のリリースが予定されている。SLSは昨年に続き2度目の出演となる。圧倒的な成長スピードで、いま最も勢いのある新世代バンド、Mrs. GREEN APPLEのステージは絶対に見逃せない!

  • 夜の本気ダンス

    夜の本気ダンス

    »オフィシャルサイト

  • 2008年結成、京都出身、“夜”も昼も聴く者全てを“本気”で“ダンス”させる、米田貴紀(Vo./Gt.)、町田建人(Gt.)、マイケル(Ba.)、鈴鹿秋斗(Dr.)から成る大注目の4人組ロックバンド、夜の本気ダンス。各フェス&イベントでは軒並み入場規制の状態が続くなど、強烈な勢いで驀進中!ロックのピュアな初期衝動と多様なエッセンスが融合し生み出された独自のグルーヴとグッドメロディーが、躍動感溢れる”人力ダンスミュージック”に変貌を遂げ日本全国を席巻している。2015年10月には、スペースシャワー列伝15周年記念公演 特別編“大大大宴会”~西の宴~に登場。そして2016年2月には「スペースシャワー列伝JAPAN TOUR 2016」に出演し、全公演SOLD OUTとなり話題を呼んだ。そして3月にメジャー1stアルバム『DANCEABLE』をリリースし、収録曲の「Crazy Dancer」が「PowerPush!」に選出された。SLSには今回が初登場となる。皆さん、山中湖のステージで”踊れる準備はできてますか!?”

8/27 SAT.

  • 長野県の同じ高校に通っていた松尾レミ(Vo&G/Song Writing/Art & Design)と亀本寛貴(G)が出会い、2007年に結成。ロックとブルースを基調にしながらも、新しさを感じさせるサウンドを鳴らす男女2人組新世代ロックユニットとして話題を集め、2014年6月、1stミニアルバムでメジャーデビューを果たす。「ジャニス・ジョプリンの再来」「10年に1人の歌声」とも称される松尾レミの強烈なヴォーカルとブルージーで感情豊かなギターサウンドが特徴的で、なんと今夏公開映画『ONE PIECE FILM GOLD』主題歌に、原作・総合プロデューサー尾田栄一郎氏の推薦により新人ながら異例の大抜擢。この映画のために書き下ろした「怒りをくれよ」も収録されている2ndアルバム『Next One』を7月20日にリリースすることが決定している。また、松尾レミの日本人離れしたハスキーな歌声は多方面から注目されており、既に9つものCMで歌唱を担当するなど、活躍の幅を広げている。スペースシャワーでは、2014年10月新宿LOFTで開催した「スペースシャワー列伝100巻記念公演 ~第111巻 音質明媚の宴~」、2016年1月LIQUIDROOMで開催した「SPACE SHOWER 3rd PLACE vol.4」に出演した。SLSは昨年に続き2度目の登場。唯一無二の歌声が、山中湖の麓に響き渡る!

  • ぼくのりりっくのぼうよみ

    ぼくのりりっくのぼうよみ

    »オフィシャルサイト

  • この春高校を卒業したばかりの大学一年生、18歳。早くより「ぼくのりりっくのぼうよみ」、「紫外線」の名前で動画サイト等に投稿を開始し、高校2年生の時、10 代向けでは日本最大級のオーディションである「閃光ライオット」に応募、ファイナリストに選ばれる。提携番組であるTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」で才能を高く評価されたことで一躍脚光を浴び、高校3年生だった2015年12月、1stアルバム『hollow world』でメジャーデビューを果たす。収録曲の「sub/objective」のミュージックビデオはスペースシャワーTV12月度の「POWER PUSH!」となった。2016年1月には、近い将来にブレイクが期待されるニューカマーをピックアップし、紹介する新企画「SPACE SHOWER NEW FORCE」にも選出。その卓越した言語力に裏打ちされたリリック、唯一無二の素晴らしい歌声、ラッパー/ヴォーカリストとしての表現力が大きな話題を集め、日本の音楽シーンに一石を投じる新たな才能の登場として、各方面から大きな注目を集めているぼくのりりっくのぼうよみ。SLSには今年が初登場となる。ここでしか体感できない、湖畔に響く彼のステージは必聴です。

  • 1985 年3 月8 日、AB 型、左利きたまに右利き。沖縄で音楽が鳴り止まないミュージシャンの家庭に生まれ、育つ。父にギターの手ほどきを受け、本格的に弾きだした10 歳からほぼ独学でギターを習得する。The Beatles、Carpenters、Jimi Hendrix、The Rolling Stones、Santana、AEROSMITH、Deep Purple、Grand Funk Railroad、T-REX など、60 年代、70 年代のROCK をはじめ、洋楽を中心に幅広いジャンルの音楽を聴いていく中、Led Zeppelin やPink Floyd のサイケデリックな世界観とアイデアを活かすイマジネーション豊かな作風に惹かれていくようになる。18 歳になると、Red Hot Chili Peppers、Rage Against the Machine、Linkin Park などのオルタナティヴ・ロックに傾倒するようになり、2003 年にFUZZY CONTROL を結成。自らのイメージするROCK の形を描き出した。生音重視の音楽体験をしながらも、近年はAvicii、ZEDD、SKRILLEX などのEDM に出会い、その強靭なビートと、メロディーも大切にしながらも音楽のあらゆる可能性をエレクトロ・サウンドで再定義していくスタイルに共感を覚えていく。そんな彼の1stソロデビューアルバム『CHANGE THE GAME』が2016年5月にリリース。スペースシャワーTVではスタジオライブや対談などを盛り込んだ特別番組「JUON SPECIAL」を6月に放送し話題を呼んだ。SLSは今回が初登場となる。心を震わせながら、自分の中の未知なるステージを切り拓く、JUON の新たなる挑戦が、いま、はじまる。

  • 爆弾ジョニー

    爆弾ジョニー

    »オフィシャルサイト

  • 2010年、札幌にてりょーめー(Vo/Gt)、キョウスケ(Gt)、小堀くん(Ba)、タイチ(Dr)、ロマンチック☆安田(Key)でバンド結成。高校時代に自主盤を7枚制作するなど精力的に活動し、2011年7月に「かなしみのない場所へ」でインディ・デビュー。翌2012年12月には1stフル・アルバム『イミナシ!』をリリース。型破りかつ破天荒で自由奔放なライブが評判を集め、2013年12月4日には、渋谷クアトロにてりょーめー20歳の誕生日を記念したワンマンライブを成功させ、キューン・ミュージックからのメジャーデビューを発表。2014年2月にはメンバー全員が上京、東京に活動の拠点を移す。同年4月23日には、メジャーデビューアルバムとなる『はじめての爆弾ジョニー』をリリース。収録曲の「なあ~んにも」がスペースシャワー「it!」に選出。また、6月にリリースしたシングル「唯一人」もスペースシャワー「it!」に選出された。同曲はアニメのオープニングテーマにも抜擢され話題を呼んだ。同月には「スペースシャワー列伝 ~第九十八巻~ 快翔の宴」に出演。飛びぬけたパフォーマンスで会場を沸かせた。その後全国各地のフェスを賑わす。が、9月よりりょーめーの体調不良を理由にバンド活動が休止状態に陥る。その最中、10月22日奇才入江悠監督による映画「日々ロック」の主題歌「終わりなき午後の冒険者」をリリース、12月3日には2ndアルバム 『みんなの幸せ』 がリリースされた。そして1年半の活動休止を経て、2016年4月、ようやく活動再開を発表。6月30日に渋谷クラブ・クアトロにて行った活動再開ライブでも熱狂のステージパフォーマンスを魅せた。SLSには2014年以来2度目の出演となる。“今”の彼らをその目に焼き付けてほしい。

  • 沖縄市、コザに在住するYAMATO(vox)、HIROKI(vox)、RYO(vox)、NAOTO(gt)、YOH(ba)から成る5人組ロックバンド。2001年に結成し、2002年2月22日アルバム『オレンジボール』でインディーズデビュー後、2003年「キリキリマイ」でメジャーデビュー。ジャンルにとらわれない自由かつ高い音楽性と、卓越したポピュラリティが話題となり、数々の名曲を送り出し続けている。2016年2月には大阪で開催したスペースシャワーTVのイベント「LIVE HOLIC」にも出演。イベントはもちろん、特別番組でもその存在感を大きく示した。今年の7月20日には15周年企画コラボベストアルバム『縁盤』をリリース予定。9月から翌年にかけて「ORANGE RANGE LIVE TOUR 016-017 ~おかげさまで15周年!47都道府県DEカーニバル~」と題し、お祭りモード全開の全県ツアーを開催するなどその勢いはとどまることを知らない。そんな老若男女から愛されているORANGE RANGEが遂にSLSのステージに初登場!観る者すべてを魅了するステージは絶対に見逃せない!

8/28 SUN.

  • 新潟県上越市出身のロック・バンド。メンバーは椎木知仁(Vo/Gt)、山本大樹(Ba/Cho)、山田淳(Dr)の3名。ライブ本数が毎年120本を超える生粋ライブバンド。地元のライヴハウスを中心に活動を重ね、2013年2月にミニアルバム『昨日になりたくて』でデビュー。若者の日常を綴った赤裸々な歌詞を乗せたギター・ロック・サウンドが高く評価される。そんな耳の早い音楽ファンから熱い支持を集め、同年には大型フェスにも出演を果たした。2014年には1stフル・アルバム『narimi』を、2015年7月に2ndシングル「一目惚れ e.p.」をリリース。着実にキャリアを重ねていき、早いスピードで認知度が高まっていった。その勢いはとどまることを知らず、2016年2月には「スペースシャワー列伝JAPAN TOUR 2016」に出演。全公演SOLD OUTとなり話題を呼んだ。来月には3rdシングル「時代をあつめて」の発売も予定されている。そんな期待の新星My Hair is Badが山中湖のステージに初登場。彼らにしかできない強烈なパフォーマンスでオーディエンスを魅了してくれるだろう。

  • 父の影響を受け10歳ではじめてギターを手にする。高校進学後、オリジナル曲の制作を始め、東京や地元・福岡で音楽活動を開始。2014年3月、高校卒業と上京を機にオリジナルアルバム『full bloom』でインディーズデビュー。2015年3月18日、スピードスターレコーズよりミニアルバム『à la carte』でメジャーデビューを果たした。そして2016年2月17日には初のフルアルバム『good morning』をリリース。自身の活動は音楽のみならず、同年4月度フジテレビ系月9ドラマ「ラヴソング」にヒロインとして出演、演技初挑戦ながら存在感を発揮した。6月にリリースされた主題歌「Soup」は、初登場オリコンウィークリーチャート4位を記録。6月からはアルバムを携えたツアーが夏フェスを挟み11月末まで開催される。天性のスモーキーな歌声は数ある女性シンガーの中でも類を見ず、聴く人の耳を引き寄せる。初となるSLSのステージで、その才能を存分に感じてほしい。

  • 2013年1月結成。ACID JAZZ&HIP HOPなどブラックミュージックにインスパイアされたSuchmos。普段からバイブスを共有していた、YONCE(Vo)HSU(Ba)OK(Dr)TAIKING(Gt)KCEE(Dj)TAIHEI(Key)の6人グループ。メンバー全員神奈川県育ち。都内ライブハウス、神奈川・湘南のイベントを中心に活動している。Suchmosの由来は、スキャットのパイオニア、ルイ・アームストロングの愛称サッチモからパイオニアとなるべく引用。これまでにFUJI ROCK FESTIVAL ’14の「ROOKIE A GO-GO」2日目のトリを務めるなど、耳の早いリスナーから注目を集めている。アーバンでメロウな彼らのミュージックは、和製Jamiroquai?との呼び声も。ジャズ、ヒップホップの要素はもちろんのこと、日本で育ったがゆえに自然と耳にしたであろうJ-POPの要素が皮膚感覚として埋め込まれている。2015年4月に待望の1st Single「Essence」を、7月には待望の1st Full Album『THE BAY』をリリースしロングヒットを記録中。なお、同月には「スペースシャワー列伝15周年記念公演 第127巻 ~波創(なみはじめ)の宴~」に出演し話題を呼んだ。今年の1月には2nd E.P.『LOVE&VICE』をリリース。リード曲の「STAY TUNE」がスペースシャワー11月の「PowerPush!」に選出された。ロック、ソウル、ジャズ、ヒップホップからの影響をバンドに落としこみ、クールでモダンな高い演奏技術で今注目を集めている。SLSは昨年に続き2度目の出演となる。2016年、最重要アーティストの呼び声も高い彼らのステージは見逃せない!

  • 石崎ひゅーい

    石崎ひゅーい

    »オフィシャルサイト

  • 石崎ひゅーい。本名。数々のドラマやテーマソングなどへ書き下ろしをするなどソングライティングの才能を発揮し、各界のクリエーターとのコラボでも話題のシンガーソングライター。2012年『第三惑星交響曲』でメジャーデビューし、表題曲はスペースシャワーTV「Power Push!」に選出された。同年11月には渋谷WWWで行われた「SPACE SHOWER 3rd Place vol.1」に出演。2014年9月には新宿LOFTにて行なわれた、スペースシャワー列伝100回記念公演「初志貫徹の宴」に出演し多くの話題を集めた。その後、2015年6月、新進気鋭の劇団鹿殺しが主宰のロックオペラ「彼女の起源」で客演・主演を務め舞台デビューを果たす。そして、今年の5月に2枚目のフルアルバム『花瓶の花』を発売した際、500日に渡る密着ドキュメント特番「石崎ひゅーいが愛される理由~500日密着ドキュメント~」をスペースシャワーTVでオンエア。さらに、その中に入りきらなかった映像をまとめた「石崎ひゅーいが愛される理由 ~500日密着ドキュメント~【ライブ篇】」、そして特別番組「石崎ひゅーい 花瓶の花リリース記念座談会」もスペシャアプリなどで配信するなど、スペースシャワーTVともとても縁が深いアーティストである。そんな彼は、今年の冬には映画「アズミ・ハルコは行方不明」で主演・蒼井優の相手役として映画俳優デビューを果たすなど益々の飛躍が期待されている。SLSには2012年以来2度目の出演となる。時にささやくように、 時に叫ぶように、 聴き手の心に入り込むような歌声で唯一無二の存在感を放つ彼のステージに目が離せない。

Sweet Love Shower2016