「8年越しの花嫁 奇跡の実話」出演 土屋太鳳インタビュー


「8年越しの花嫁 奇跡の実話」

取材・文 / 映画ナタリー編集部 撮影 / 佐藤類
ヘアメイク / 加藤由紀 スタイリスト / トリイクニコ

佐藤健と土屋太鳳がダブル主演を務める映画「8年越しの花嫁 奇跡の実話」が、12月16日に公開される。本作は、YouTubeに投稿された動画をきっかけに話題となり、2015年に「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」のタイトルで書籍化された実話を映画化したもの。結婚式の直前に倒れ、意識不明となった花嫁の麻衣を待ち続ける青年・尚志の苦悩と献身的な愛情が描かれる。

ビデオパスでは、本作で麻衣を演じた土屋太鳳にインタビュー。2度目の共演となる佐藤健とのエピソードや病気を患う役を演じることについて語ってもらった。

土屋太鳳(ツチヤタオ)
1995年2月3日生まれ、東京都出身。2005年、スーパー・ヒロイン・オーディションMISS PHOENIX審査員特別賞を受賞。2015年、NHK連続テレビ小説「まれ」のヒロインに抜擢される。「orange-オレンジ-」で日本アカデミー賞新人賞、ドラマ「下町ロケット」にてエランドール賞を受賞した。2018年1月6日からは初舞台となる「プルートゥ PLUTO」に出演。「累-かさね-」「となりの怪物くん」の公開を控える。
 

──実話をもとにした作品とのことですが、最初に脚本を読んだときの感想を教えてください。

脚本を読む前に映画のもとになったYouTubeの動画を見せていただきました。尚志さんが麻衣さんに愛情を注ぐさまや麻衣さんが命をつなごうとしている姿に本当に胸を打たれました。

──本当の出来事ということにまず驚かされますよね。実在の人を演じることの難しさは感じましたか。

はい。歴史上の人物ではなく、同じ時代を歩んでいる方を演じるのは難しかったです。動画を観たときにこの役を演じるならとてつもない挑戦になるな、自分では力不足なのではないかと思いながら、去年の12月半ばくらいにご本人たちにお会いしました。周りのご家族が本当に柔らかくて麻衣さん自身もチャーミングで面白くて豪快な方なんです。麻衣さんと尚志さんの間には息子さんもいらっしゃって、この方々への尊敬の気持ちを最大限に感じながら演じ続けようと思いました。

土屋太鳳

土屋太鳳

──健康的なイメージの土屋さんですが、病気を患う役を演じるうえで心がけたことがあれば教えてください。

どの作品もエネルギー量は変わらないです。「まれ」以降、今は恋愛映画へ出演することがとても多いですけど、激しい役だったら同じエネルギーでアクセルを踏み続ける。静かな役だったらアクセルの踏み方を変えるという作業なので、病気の役だから自分の中で変わったという意識はまったくないです。それが一番難しいんですけど、私はその役として生き続けることしかできないので。

──土屋さんの演技にとにかく圧倒されました。佐藤健さんとは3年ぶりの共演ですね。

健先輩はずっと背中を追ってきた役者としても人としても尊敬している方。なので、自分が思っていることは常に相談していましたし、麻衣と尚志の関係がリアルに見えるようにコミュニケーションを取っていきました。

土屋太鳳

土屋太鳳

──完成披露試写会で土屋さんは佐藤さんとの共演を「試合に臨むボクサーとコーチのような関係でした」とお話されていましたが、撮影中のエピソードで印象深いことがあれば教えてください。

闘病やリハビリのシーンは体重の増減が必要になるためすごく難しかったので、健先輩が「これで1カ月がんばろう」ってメニューを決めてくださって。スタッフさん方とご飯に行くときもいつも隣で「これとこれなら食べていいよ」ってアドバイスをしてくれて支えてくださってたんです。

──二人三脚のように佐藤さんがとても献身的にサポートされていたんですね。

車椅子の練習も付き合ってくれました。例えばコンビニに行っても入り口に段差があったり、商品に手が届かなかったりするので大変なのですが、そういうことを感じる練習に付き合ってくださったりしました。常に支えてくださったことに感謝していますし、尚志さんが麻衣さんに愛情を注いだように健先輩がサポートしてくださいました。

──土屋さんは瀬々監督とのタッグは初めてですが現場はどうでしたか?

演出をしていただいたときに瀬々さんはすごく照れ屋さんなんだなって思いました。だからこそこの映画も押し付けるのではなくて、人が心の中で願っていることをすごく柔らかく表現されているなって。雰囲気がすごく感じられる作品だと思いました。

土屋太鳳

土屋太鳳

──もし土屋さんの大切な人が病気になったら……尚志さんのようにずっと待ち続けることはできますか?

待ちますね。大切な人ですし、1日1日は本当に大変だったと思いますが、尚志さんも8年待とうと決めて待ったわけじゃないと思います。何が素晴らしいかというと、毎日注ぎ続けた愛情の結果がその年月だったということなので。大切な人が時間をつなごうとしているのであれば、私は愛情を注ぎ続けようと思います。

──タイトルにちなんだ質問ですが“8年後の土屋太鳳”はどうなっていたいですか?

大切な人たちと温かい時間を作れる人になっていたいな。女優も続けていたいし、その中でまた新しい家庭というものを築けていられたらいいなと思います。

──8年後の土屋さんがとても楽しみです。それでは、最後に「8年越しの花嫁 奇跡の実話」の見どころを教えてください。

本当に素晴らしい奇跡の物語でありながら、誰もが心の中で願っている大切な人を愛し続けたいという願いを実現する作品になったんじゃないかと思っています。人が人を大切にすることの素晴らしさや愛を信じることの大切さが詰まっているので、ぜひたくさんの方にこの奇跡を体感していただけたらなと思います。

「8年越しの花嫁 奇跡の実話」は2017年12月16日(土)より全国ロードショー

火花©2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会

監督:瀬々敬久
脚本:岡田惠和
出演:佐藤健・土屋太鳳・薬師丸ひろ子・杉本哲太・北村一輝・浜野謙太・中村ゆり・堀部圭亮・古舘寛治